日々の出来事
by teruko0730
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
全体
いけ花
歩く

食べる
ニュース

牛窓
未分類
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 09月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
はがき
from つづく・・・・・・
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:旅( 16 )

屋島水族館

6月18日(土)「歩く会」で新屋島水族館に行ってきました。
JR屋島駅からバスで10分位で山頂に着きます。途中に「四国村」があり、その入口に「わら屋」と言う「うどん屋」さんがあります。早い昼食を済ませて、次のバスで山頂へ。
水族館は瀬戸内海を一望できる屋島山上に建っています。アザラシやイルカのショーも見られます。
山頂をめぐり、歩いて展望台まで行くと、源平合戦の舞台となった檀ノ浦一帯が見渡せます。
そこから、かわらなげを試みましたが、全然ダメでした。

レースのようにきれいなクラゲ
c0190448_1424779.jpg

ホワイトソックス=シロホシアカモエビ
c0190448_1424713.jpg

優雅に泳ぐカサゴ
c0190448_1424784.jpg

[PR]
by teruko0730 | 2016-06-19 14:02 |

日本のマチュピチュ竹田城跡

c0190448_1728924.jpg

c0190448_18173992.jpg

標高353.7mの山上に、
南北400m、東西100mに及ぶ城郭の石垣遺構は見る人を引きつけます。
自然石を巧みに配置した野面積みの石垣は400年を経た今も当時の威容を誇っています。
石垣だけ故に、私たちの想像力を掻き立てるのでしょう。
秋から冬にかけて、早朝、朝霧が発生して、雲海に包まれた竹田城跡は、
まさに天空の城になるのでしょう!想像していた以上のすごさです。
姫路から播但線に乗り換え、片道電車で3.5時間、でも、一見の価値があります。
[PR]
by teruko0730 | 2016-05-20 22:19 |

-夢すき公園・井倉洞散策と千屋牛陶板焼き御膳の昼食

c0190448_1223512.jpg

新見市新郷の夢すき公園
親・子・孫3台の水車が動いているのどかな山里
c0190448_1223584.jpg

井倉洞入口の滝
最高の行楽日和、新緑、山藤、山桜、バスからの眺めも美しい。
新見市より、一人2,000円のツアー助成を受けて実現した!と言うお得なバス旅行。
歩く会を急きょ変更して参加しました。
[PR]
by teruko0730 | 2016-04-19 23:23 |

ポーランドに行ってきました2015

クラクフ市の「日本美術技術センターマンガ」と言う国立博物館
特別展は日本と中国の演劇、日本の歌舞伎、文楽、能、狂言など、中国の京劇など古典のパネル、、面や衣装の展示と映像で観れる素晴らしい企画でした。
c0190448_19464010.jpg

マンガ博物館はビスワ川のほとり、河原に下りると鉄の折鶴が有ります。この河川敷が毎日の散歩コースです。
c0190448_19471797.jpg

河のほとりには白鳥や鴨が沢山来ていました。河の向かいはバベル城です。美しく広大な景色です。
c0190448_1948733.jpg

11月11日は独立記念日で仕事はお休みです。
お城の表の方に行ってみたら、お祝いのパレードをしていました。
c0190448_19534528.jpg

[PR]
by teruko0730 | 2015-11-26 20:23 |

-みまさか スローライフ列車の旅

因美線、津山から智頭の往復を何時もよりのんびり停車して、地元特産品の実演販売、郷土芸能など歓迎イベントのおもてなしを楽しむ、とても幸せな旅でした。秋の美作路は紅葉も見頃で、車窓の景色も飽きません。
c0190448_20595518.jpg

津山駅では「くまなく」君が登場して出発式、後、手を振って送ってくれました。
c0190448_20595511.jpg

美作滝尾駅では、映画「男はつらいよ」津山ロケ地、木造駅舎の見学、特製弁当の購入、コーヒー、甘酒、お茶のサービス、よもぎ餅、野菜の購入、新米5キロ買った人も。
c0190448_2059554.jpg

杵つき餅、蕎麦打ちの実演販売、打ち立て,ゆでたてを辛み大根とネギの薬味で頂く。真に美味。
c0190448_20595545.jpg

那岐駅では郷土芸能「那岐小唄」を子どもたちが踊ってくれた。鳥取港水揚げのかに汁や焼き鯖寿司、ぜんざい、野菜販売など、お腹いっぱい、買い物いっぱい。帰りの美作加茂駅では最後に餅まきで皆を楽しませてくださいました。
c0190448_20595533.jpg

津山では江戸時代に栄えた旧出雲街道の城東街並み保存地区を散策しました。
[PR]
by teruko0730 | 2015-11-07 20:59 |

喜之助フェスタ2015

かわせみ座「龍と椿」
c0190448_0413533.jpg

c0190448_0431613.jpg

人形によるファッションショウ
公募した人形衣装のデザイン画から衣装を作り、会場でその人形をあやつりました。
c0190448_044848.jpg

邑久町公民館で開かれている糸あやつり人形劇フェスタに行きました。
プロ、アマ11劇団が参加しています。
邑久町出身の竹田喜之助を顕彰して、人形劇の祭典として毎年行われています。
喜之助さんは約2,600体の人形を制作したとされていますが、その中でも、最高傑作と言われる「雪ん子」が地元の劇団によって上演され、観劇できてよかったです。30年ぶりの上演といわれていました。
23日(日)も引き続き開催されます。
[PR]
by teruko0730 | 2015-08-23 01:32 |

ポーランドへ行ってきました

c0190448_22444981.jpg

ライトアップした大統領官邸 
街はクリスマス用イルミネーションで美しく
大きな音楽も、人の騒ぐ声も聞こえません。
街は静かです。
c0190448_1304634.jpg

アンジェイ・ワイダ映画監督と奥さま、左は館長さん

渡航の目的の1つは、日本美術技術博物館マンガの設立20周記念式典への参加でした。マンガ博物館は浮世絵や東海道五十三次など古典から現在に至るまでの日本文化全般の紹介をしています。日本語学校、書道教室、茶道教室、囲碁・将棋やいけ花などワークショップを行っています。
 この施設はアンジェイ・ワイダ映画監督の数々の賞金を元手にして建てられたそうで、マンガ博物館設立者として、館長と共に司会を務められました。私も「地下水道」という映画を観たことがありますが、88歳の元気な監督にお目にかかり感激でした。
[PR]
by teruko0730 | 2014-12-11 01:33 |

ポーランドへ行ってきました

日本美術技術センターマンガ博物館の創立20周年ということで招待を受け、佐藤先生と2人で14日間の旅をして無事帰りました。時差が8時間なので、朝目覚まし時計を2個かけて寝ても目が覚めません。そして、一日中眠たいのを我慢しています。
 今回はクラクフ市マンガ博物館、ワルシャワ大学、ビアウィストクの3カ所を巡りました。ビアウィストクは初めてでしたが、ワルシャワから北西に向かって電車で3時間、ソビエトとの国境近くに有ります。広い広い畑と森をいくつも越え所々にある村を過ぎ、美しい景色を観ながら子どものように書いてもらった駅名を確かめながら行きました。ビアウィストクは美しい街でとても良い方ばかりでした。また行きたいです。

マンガ博物館の私たちの行事を知らせるポスター
c0190448_0144228.jpg

食べ物は美味しく14日間経っても日本食が食べたいなんて一度も思いませんでした
c0190448_2351158.jpg

c0190448_23521126.jpg

ワルシャワのホテルの隣はワジンキ公園
c0190448_064889.jpg

[PR]
by teruko0730 | 2014-06-24 00:09 |

ショパンコンサート

今年はショパン生誕200年。しかも5年に1度のショパンコンクールの年。日本でも様々なイベントがありました。ポーランドでショパンが聞きたいと思っていたら、幸いチャンスは早く訪れた。
会場は街中のホテルのホールかな?小じんまりしたノーベル スクェアーと言う所。若い女性のピアニストでした。優しく美しい調べのワルツ、ノックターン、ポロネーズなど聞いたことのある曲もありました。感慨無量でした。
c0190448_0391445.jpg

[PR]
by teruko0730 | 2010-12-05 00:40 |

クラクフinポーランド共和国

ビェリチカ(岩塩採掘坑)もユネスコの世界文化遺産に登録されています。
クラクフから車で30~40分の所に13世紀頃から現在まで掘り続けられている岩塩採掘所があります。地下100メートルまでの観光ルートは3.5キロにも及びます。その間、岩塩の彫刻や採掘状況を物語る展示や道具を見ることができます。礼拝堂のシャンデリアも壁面の絵も岩塩や結晶塩でできているそうです。
c0190448_19512159.jpg

c0190448_19522770.jpg

[PR]
by teruko0730 | 2010-12-02 20:31 |